佐賀県の武雄市・嬉野市・伊万里市・有田町・鹿島市、長崎県の佐世保市の皆様の相続のお悩みを解決!初回相談は無料です!

武雄・佐世保弁護士による相続無料相談 運営:西九州総合法律事務所(佐賀県弁護士会所属)JR武雄温泉駅北口から徒歩10分

駐車場完備 初回相談無料 受付時間(平日)9:00~18:00 0954-27-8056
メインビジュアル

相場や遺言のことでこんなお悩みはありませんか

  • 遺産分割協議がまとまらない
  • 遺産分割協議書の作成を依頼したい
  • 遺留分減殺請求をしたい・された
  • 相続放棄をしたい
  • 相続人・相続財産を調査してほしい
  • 相続財産の名義変更をしてほしい
  • 相続財産隠し・使い込みを疑われている
  • 遺言を作りたい
  • 家族信託について知りたい
毎月開催 弁護士による相続・遺言無料相談会 相続トラブルや生前対策・相続税対策・申告・手続など、お悩みがあればお気軽にご相談ください!

06月12日(水)

会場:西九州総合法律事務所

相続の流れ

生前対策

  • 遺言信託
  • 相続対策
  • 贈 与保険
  • 節税

被相続人の死亡

■遺言書の有無の確認

■遺言書は家庭裁判所で検認手続

※公正証書遺言は検認手続不要

四十九日法要

■相続財産・債務の概略調査

■相続放棄・限定承認の検討

相続放棄・限定承認

■相続人の確定(戸籍を調べて調査)

■相続財産・債務の調査

■相続財産の評価 相続財産目録の作成

遺産分割協議

※相続税が賦課される場合

■納税の方法、延納・物納の検討

■相続人全員の実印と印鑑証明が必要

相続税の申告納付

※延納・物納の申請も同時に

■被相続人死亡時の住所地の税務署に申告・納税

相続財産の名義変更手続など

■不動産の相続登記

二次相続

相続する遺産がマイナスの 場合、相続放棄を行います。

相続する遺産がマイナスの場合、相続放棄を行います。

遺産分割協議が自分たちで まとまらない場合、弁護士が 代理人となり、遺産分割協議 を行います。協議でまとまら ない場合は、調停・裁判を 行います。

遺書に書かれている内容が納得いかない場合、遺留分減殺請求を行います。

3ヶ月以内

1ヶ月以内

6ヶ月以内

たくさんのお客様の声をいただいております

相続のご相談をされた方の声

ありがとうございました。

いろいろ悩むこともありますが、

前を向いていきたいと思います。

         (40代女性)

相続のご相談をされた方の声

まだこれから先相談したいことが

ありますので、先生にお世話にな

ると思います。

         (80代男性)

相続のご相談をされた方の声

最後までおまかせしたいです。

  

          

         (60代女性)

実物はこちらからご覧ください

当事務所の解決事例

相続財産

亡くなった夫の借金に過払い金があることが判明し、700万円もの過払い金が返還され相続財産となった事例

彼女の夫は長い間消費者金融からの借り入れをしており、そのことを彼女に告げないまま亡くなってしまいました。

その後、借金の督促が彼女にきたため、彼女が相続人として頑張って一時期はその借金を支払っていました。ですが、いつまでたっても終わらない借金の支払にどうすることもできなくなり、借金について相談したいとのことで当事務所にご相談に来られたのがきっかけでした。

詳しくはこちら

相続放棄をして、父親の借金約2000万円を免れることができた事例

相続放棄をすることにより、父親の借金の約2000万円の相続を免れることができた事例

彼の所に突然不動産の競売開始決定通知書が届きました。これは不動産の競売を開始しますということを知らせる手紙です。

競売される不動産は彼の父親が所有していた家とその土地でした。

その手紙には父親が亡くなったことも記載されており、彼はその時初めて父親が亡くなったこと、父親に多額の借金が残っていることを知りました。

その後、彼の所に父親の借金を支払ってほしいという内容の文書も届きました。

急に父親の多額の借金を支払ってほしいとの請求が来たため、彼は困惑して当事務所にご相談にいらっしゃいました。

詳しくはこちら

解決事例の一覧はこちら

相続・遺言・家族信託Q&A

詳しくはこちら

西九州総合法律事務所の5つの特徴

  • 地元ならではの親切さ
  • 初回相談60分無料
  • 無料駐車場完備
  • 武雄温泉駅徒歩10分
  • 所長自ら1件1件丁寧に対応します

西九州総合法律事務所の5つの特徴はこちら

武雄・嬉野・佐世保 相続・遺言・家族信託に関するご相談は当事務所まで

  • HOME
  • 5つの特徴
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • アクセス
  • ご相談の流れ
初回相談は無料です。お気軽にお電話ください。 0954-27-8056 相談受付時間 平日9:00~18:00(土日祝応相談)

ホームページからの相談予約はこちらから

個人のお客様向け 無料会員制度のご案内 西九州相続遺言サポートネット

代表メッセージ

代表弁護士 行武謙一

初めまして、西九州総合法律事務所の代表を務めております弁護士の行武謙一と申します。

私は自分の出身地である「佐賀県」で弁護士としてみなさまのお役に立ちたいと考え、以前勤めていた佐賀県武雄市の弁護士事務所に入所しました。

その後、先代の弁護士から当事務所を引き継ぎ、現在私が代表を務めております。

まずは、西九州総合法律事務所の行武弁護士に相談してみようと思われるような弁護士になりたいというのが私の気持ちです。

弁護士に相談するということはとても敷居が高いイメージがおありだと思います。

「弁護士に相談するなんて大事にはしたくない」という方もまだまだいらっしゃるでしょう。

ですが、早めに弁護士に相談をすることで後々の争いごとをできるだけ防ぐことができます。

手前味噌で恐縮ですが、私は相談者のお客様からとても話しやすくてよかったと言っていただくことが多いです。

そのおかげもあってか、今では、武雄市だけでなく、東は佐賀市、鳥栖市の方、西は伊万里市、有田町、長崎県佐世保市、北は唐津市、南は嬉野市、鹿嶋市、太良町など、佐賀県全域、長崎県の方までもご相談に来ていただけております。

とてもありがたいことです。

そして、「相続」の問題はみなさんに起こりうる問題です。

不幸にも身内の方が亡くなった場合、その財産や借金があれば、それを誰が相続するのかが問題となります。

「自分達兄弟、姉妹はとても仲が良いから相続で揉めるようなことはありえない」

と考えて、何も準備をしていない方がほとんどです。

しかし、当事務所に相続問題でご相談にいらっしゃる方々は

「自分達兄弟、姉妹はとても仲が良いから相続で揉めるようなことはありえない、と思っていた…」

と口々におっしゃいます。

事前に相談しておけば、遺言書を作成しておくことなど、事前に相続で揉めることをできるだけ防ぐようにすることはできます。

また、相続問題で実際に揉めてしまっている場合、当人同士ではもうどうにもならないということも多いです。そのような場合にも弁護士に相談することで解決の糸口がみつかることもあります。

みなさま、なかなか相談しにくい話ではあるとは思いますが、少しでも気になることがあれば、まずはご相談いただければと思います。

新着情報

相続や遺言のことでこんなお悩みはありませんか?

  • 遺産分割協議がまとまらない
  • 遺産分割協議書の作成を依頼したい
  • 遺留分滅殺請求をしたい・された
  • 相続放棄をしたい
  • 相続人・相続財産を調査してほしい
  • 相続財産の名義変更をしてほしい
  • 相続財産隠し・使い込みを疑われている
  • 遺言を作りたい
  • 家族信託について知りたい
弁護士による相続・遺言無料相談会 相談トラブルや生前対策・相続税対策・申告・手続など、お悩みがあればお気軽にご相談ください!

0612日(水)

会場:西九州総合法律事務所

  • 相続の流れ

    3ヶ月以内

    1ヶ月以内

    6ヶ月以内

    生前対策

    • 遺言信託
    • 相続対策
    • 贈与保険
    • 節税

    被相続人の死亡

    四十九日法要

    ※公正証書遺言は検認手続不要

    ■遺言書は家庭裁判所で検認手続

    ■遺言書の有無の確認

    相続放棄・限定承認

    ■相続放棄・限定承認の検討

    ■相続財産・債務の概略調査

    遺産分割協議

    ■相続財産の評価 相続財産目録の作成

    ■相続財産・債務の調査

    ■相続人の確定(戸籍を調べて調査)

    相続税の申告納付

    ■相続人全員の実印と印鑑証明が必要

    ■納税の方法、延納・物納の検討

    ※相続税が賦課される場合

    相続財産の名義変更手続など

    ■被相続人死亡時の住所地の税務署に申告・納税

    ※延納・物納の申請も同時に

    二次相続

    ■不動産の相続登記

    遺言に書かれている内容が納得いかない場合、遺留分減殺請求を行います。

    遺留分減殺請求、遺産分割協議、調停・裁判

    遺産分割協議が自分たちでまとまらない場合、弁護士が代理人となり、遺産分割協議を行います。協議でまとまらない場合は、調停・裁判を行います。

    遺留分減殺請求、遺産分割協議、調停・裁判

    相続する遺産がマイナスの場合、相続放棄を行います。

たくさんの声をいただいております

  • 相続のご相談をされた方の声

    ありがとうございました。いろいろ悩むこともありますが、前を向いていきたいと思います。(40代女性)

  • 相続のご相談をされた方の声

    まだこれから先相談したいことがありますので、先生にお世話になると思います。(80代男性)

  • 相続のご相談をされた方の声

    最後までおまかせしたいです。(60代女性)

実物はこちらからご覧ください

当事務所の解決事例の一例

亡くなった夫の借金に過払い金があることが判明し、700万円もの過払い金が返還され相続財産となった事例

相続財産

彼女の夫は長い間消費者金融からの借り入れをしており、そのことを彼女に告げないまま亡くなってしまいました。

その後、借金の督促が彼女にきたため、彼女が相続人として頑張って一時期はその借金を支払っていました。ですが、いつまでたっても終わらない借金の支払にどうすることもできなくなり、借金について相談したいとのことで当事務所にご相談に来られたのがきっかけでした。

詳しくはこちら

相続放棄をすることにより、父親の借金の約2000万円の相続を免れることができた事例

相続放棄

彼の所に突然不動産の競売開始決定通知書が届きました。これは不動産の競売を開始しますということを知らせる手紙です。

競売される不動産は彼の父親が所有していた家とその土地でした。

その手紙には父親が亡くなったことも記載されており、彼はその時初めて父親が亡くなったこと、父親に多額の借金が残っていることを知りました。

その後、彼の所に父親の借金を支払ってほしいという内容の文書も届きました。

急に父親の多額の借金を支払ってほしいとの請求が来たため、彼は困惑して当事務所にご相談にいらっしゃいました。

詳しくはこちら

解決事例の一覧はこちらから

相続・遺言・家族信託Q&A

詳細はこちらから

西九州総合法律事務所の5つの特徴

  • 1 地元ならではの親切さ
  • 2 初回相談60分無料
  • 3 無料駐車場完備
  • 4 武雄温泉駅徒歩10分
  • 5 所長自ら1件1件丁寧に対応します

西九州総合法律事務所の5つの特徴はこちら

武雄・嬉野・佐世保 相談・遺言・家族信託に関するご相談は当事務所まで

  • ホーム
  • 5つの特徴
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • アクセス
  • ご相談の流れ
初回相談は無料です。お気軽にお電話ください。 0954-27-8056 相談受付時間 平日9:00~18:00(土日祝応相談)

ホームページからの相談予約はこちらから

タップして電話する

個人のお客様向け 無料会員制度のご案内 西九州相続遺言サポートネット
  • 代表メッセージ

    代表メッセージ

    初めまして、西九州総合法律事務所の代表を務めております弁護士の行武謙一と申します。

    私は自分の出身地である「佐賀県」で弁護士としてみなさまのお役に立ちたいと考え、以前勤めていた佐賀県武雄市の弁護士事務所に入所しました。

    その後、先代の弁護士から当事務所を引き継ぎ、現在私が代表を務めております。

    まずは、西九州総合法律事務所の行武弁護士に相談してみようと思われるような弁護士になりたいというのが私の気持ちです。

    弁護士に相談するということはとても敷居が高いイメージがおありだと思います。

    「弁護士に相談するなんて大事にはしたくない」という方もまだまだいらっしゃるでしょう。

    ですが、早めに弁護士に相談をすることで後々の争いごとをできるだけ防ぐことができます。

    手前味噌で恐縮ですが、私は相談者のお客様からとても話しやすくてよかったと言っていただくことが多いです。

    そのおかげもあってか、今では、武雄市だけでなく、東は佐賀市、鳥栖市の方、西は伊万里市、有田町、長崎県佐世保市、北は唐津市、南は嬉野市、鹿嶋市、太良町など、佐賀県全域、長崎県の方までもご相談に来ていただけております。

    とてもありがたいことです。

    そして、「相続」の問題はみなさんに起こりうる問題です。

    不幸にも身内の方が亡くなった場合、その財産や借金があれば、それを誰が相続するのかが問題となります。

    「自分達兄弟、姉妹はとても仲が良いから相続で揉めるようなことはありえない」

    と考えて、何も準備をしていない方がほとんどです。

    しかし、当事務所に相続問題でご相談にいらっしゃる方々は

    「自分達兄弟、姉妹はとても仲が良いから相続で揉めるようなことはありえない、と思っていた…」

    と口々におっしゃいます。

    事前に相談しておけば、遺言書を作成しておくことなど、事前に相続で揉めることをできるだけ防ぐようにすることはできます。

    また、相続問題で実際に揉めてしまっている場合、当人同士ではもうどうにもならないということも多いです。そのような場合にも弁護士に相談することで解決の糸口がみつかることもあります。

    みなさま、なかなか相談しにくい話ではあるとは思いますが、少しでも気になることがあれば、まずはご相談いただければと思います。

LINEでお気軽予約